テックアカデミーのWordPressコースって役に立つ?

通学せずにプログラミングを学べる通信講座の人気が出ています。

今回はその一つであるキラメックス株式会社が運営するテックアカデミー(TechAcademy)を取り上げたいとお思います。

実はテックアカデミーには、WordPressコースを含め、なんと24種類ものプログラミングコースがあります。

未だにコース名を見ても何の役に立つのか、今の私の知識では理解することは困難です。

その中で比較的わかりやすく、実際に実務にも役立つのではないかと思われたのが、先ほど挙げたWordPressコースです。

WordPressは専門的な知識がそれほどなくても、ホームページを作成できる無料のソフトウエアーの一つです。

とはいえ、カスタマイズしようと思えば、ある程度のプログラミング言語の知識を覚えないと自分がイメージしているホームページにはたどり着けません

逆にいうとWordPressに必要なプログラミングをマスターすれば、他のホームページやブログとの差別化が図れるスキルを身に付けることができます。

やはり、WordPressコースは役に立つコースだと私は感じ、今非常に気になっている通信講座の一つです。

同じようにホームページやブログを書く必要性に迫られている人などと情報を共有したいと思います。

すぐにテックアカデミーの公式ページを見たい人はコチラ
⇒ テックアカデミーのWordPressコースの公式ページはここをクリック

WordPressコースに注目した理由

理由は明白で、自身が日々書いているこのブログをもっとカスタマイズしたいからです。

また、現在パートで勤務している中でも実務としてWordPressを実際に使っているからというのもそれを後押しています。

当然ながら、WordPressのスキルが挙がれば、作業スピードも速くなりますし、もしかすると仕事が評価されてパート代(時給)が上がるかもしれません(笑)

そういう意味では役に立ちますよね。

さらに、もっと先を考えると、パートの職を失っても、フリーランスとして活躍できるスキルを身に付けることができるかもしれません

この記事に興味を持ってくれた方はおそらく同じような悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。

コロナで仕事に対する考え方が変わり、自分の力で生きていくためのスキルを身に付けたいと思っている方もいるかもしれませんね。

通信講座を受けたからといって、すぐにフリーランスとして食べていけるほど甘くはないと思いますが、まずは何か行動に移さなければ現状を変えることはできません。

所得を得られるスキルを身に付けることは、これから先の人生で大きなアドバンテージになると思っています。

プログラミング全体でみれば、WordPressのスキルはほんの一部でしかないと思いますし、フリーランスとしてスキルを磨くのには不十分かもしれません。

ただ、50代半ばすぎて、SEでもプログラマーでもない初学者の私が最初に取り組む課題としては、もっとも身近でもっとも役立つのがWordPressを使いこなすことではないかと思っています。

Word感覚で記事を書いていませんか?

私自身WordPressを使い始めて2年以上になりますが、ほとんどWord感覚(ワープロ?)で書いています

htmlも少しならわかりますが、その都度ネットでググっているのが現状で、CSS関してはほぼ知識は皆無の状態です。

今まではWordPressのクラシックエディターを使うことで、文章さえ書ければ問題はなかったのですが、職場ではサイト責任者の指示で記事を書くので文字入力だけでは不十分です。

いままで自分のブログでは(まさにこの資格ブログですが)、ややこしい表はExcelを使って画像として挿入していました。

ただ、表の中に商品の型番を入れ、それをクリックしてECサイトにリンクを貼る場合、画像というわけにはいきませんね。

クリックできませんから(汗)

きれいに表を作成しようとすると、htmlへの理解が必要になってきます。

最新のWordPressの標準仕様ではグーテンベルグというブロックエディターを使うように設計されています。

今指示されている記事は、他の外注記事を参考にするように言われており、その記事がブロックエディターを使い、さらにカスタムCSS見栄えを良くしています。

こうなると、ちょっとお手上げ状態になるため、自身の備忘録ともなるということもあり、今回この記事を書くに至ったわけです。

この記事では、もっともよく目につくテックアカデミーのWordPressコースをピックアップし、今の自分の悩みが解決するかも検証していきます。

もちろん、他にも多くのプログラミング講座を運営している会社もあるので、別記事でも取り扱っていきますね。

テックアカデミーで覚えられることとは?

テックアカデミーの特徴と評判について紹介します。

テックアカデミーの特徴

テックアカデミーは、通学制ではなく自宅で学べるオンライン完結型のプログラミングスクールです。

スキマ時間に自分のペースで受講できないと継続することはなかなか難しいので、社会人に向いていると言えますね。

メンターサポートが充実

まず、一つ目の特徴が受講生一人一人に現役のエンジニアであるプロのメンターが付くメンターサポートがある点です。

実は5年くらい前になりますが、htmlとcssを勉強するために通信講座を受けていたことがあります。

サポートはついていましたが、1対1のメンターサポートではなかったこともあり、途中で挫折するという苦い経験が私にはあるので、このシステムには魅力を感じます。

① マンツーマンメンタリング

週に2回ビデオチャットを使ってパーソナルメンターからマンツーマンサポートを受けることができます。

② チャットサポート

いつでもチャットサポートから質問ができます。

経験豊富なメンターから回答をもらうことができます。

③ 回数無制限の課題レビュー

スキルアップのために課題が与えられますが、完全に理解できるまで何度でもメンターのレビューを受けることができます。

オリジナルサービスを試せる

自分で作成した課題に対して、現役のエキスパートから審査を受けることができます。

コンテストをするスタイルを取っており、受講生は何度でもエントリーすることが可能です。

自分の作品を評価してもらえるのは、やりがいにも繋がりますし、自身のポートフォリオとして、就活などに役立てることもできるのは魅力ですね。

テックアカデミーの評判

それぞれの良い評判と悪い評判を以下にまとめましたので参考にしてください。

良い評判

・完全にオンラインで完結できること
・メンターが現役のエンジニアであること
・学習終了後もテキストを閲覧することができること
・実務に近い環境で学べること

悪い評判

・メンターとの相性が合わないことがあること
・自分の実力と差があると教材が難しく感じること
・モチベーションの維持が難しいこと

WordPressコースがオススメ

趣味としてWordPressでブログを書くだけなら、難しい知識は不要です。

ただ、どうしても同じテーマをカスタマイズなしで使うと、似たり寄ったりのデザインになってしまいます。

ビジネスとしてWordPressを使いこなすなら、やはりしっかりと基礎から学ぶ必要が出てくると最近は身を持って感じています。

そこで、テックアカデミーでWordPressのスキルを身に付けるのなら、繰り返しになりますがその名の通りWordPressコースがオススメですね。

では、次にWordPressコースについて解説していきます。

どんな人に向いている?

この部分は一番明確にしておかなければならないことですね。

私が以前挫折したのは、目的がはっきりしていなかったからです。

テックアカデミーのWordPressコースでは4つの目的を挙げています。

① サイト制作に初めて取り組みたい

② 自社サイトを外注費を払わずに作成したい

③ プログラム部分のカスタマイズを習得したい

④ 更新が楽なサイトを作りたい

私の場合は、③になりますね。

学習の進め方

まずは、受講目的をマンツーマンメンタリングの初回に設定し、学習と宿題をメンターと交互に勧めながらオリジナルサイトを構築していきます。

見につくスキル

では、どんなスキルがWordPressコースで見につくのでしょうか。

大きく分けると以下の5つになります。

① WordPressの概要の理解

② サイト制作における企画・設計・制作・運用の理解

③ HTML/CSSの理解と既存WordPressテーマのカスタマイズ

④ プラグインを利用した機能追加

⑤ PHPの理解とオリジナルWordPressテーマの作成

私の目標でわかりやすい部分は③ですね。

この部分も、事前に明確にしておくとモチベーションが維持できると思います。

料金について

現在は、8週間・12週間・16週間の3プランから選ぶことができます。

料金表

🔎上表はクリックで拡大できます。

⇒ テックアカデミーのWordPressコースの公式ページはここをクリック

参加の条件

プログラム初学者でも問題はないと公式ページにも記載がありますが、参加のための最低条件はあります。

以下の5点ですので、確認をしておいてください。

① 必要なメンタリング回数をこなすことができる

② 期間内に必要な学習時間を確保できる

③ MacかWindowsのPCを持っている

④ Google chromeを利用できる

⑤ PCの基本的な操作が問題なくできる

おそらくWordPressに挑戦しようと思っている方は問題ないと思います。

その他注意事項

支払方法

クレジットカード払い(分割可能)、コンビニ決済、銀行振込
※ クレジットカードはVISA、Master、JCB(楽天、セゾンのみ)
※ 分割回数(3/5/6/10/12/15/18/20/24)
※ JCB(セゾン)分割不可
※ コンビニ決済は30万円以下のみ

請求書

希望の場合、申し込み後専用フォームより申請可能

学生

25歳以下で学生証の提示が必要

その他

参加にはウェブカメラとマイクが必要

転職サポート

テックアカデミーでは、受講生限定の転職サポートが行われています。

技術がそのまま仕事に結びつくというのはありがたいですね。

在宅ワークのサポート

プログラミングなどのスキルを覚えて所得を得る方法の一つである在宅ワークのサポートもあります。

テックアカデミーでは、日本最大級のクラウドワーソーシングサービスであるクラウドワークスと提携し、受講生に仕事を紹介することが可能になっています。

初めて在宅ワークでビジネスをするなら心強いシステムです。

テックアカデミのWordPressコースって役に立つ?のまとめ

いかがでしたか?

この記事では私の悩みも含め、WordPressを使いこなるための一つの手段として、自宅で学べるオンライン完結型のプログラミングスクール「テックアカデミー」について情報を共有させていただきました。

結論から言えば、簡単ではないと思いますが、しっかりと課題をこなせば役に立つと感じました。

そして、在宅ワークが増えている中、少なからず私のような悩みを持っている方もおられるのではないかと思います。

もちろん実際に自分が体験した記事を掲載する方がはるかに説得力があることは承知しています。

しかし、時間的にも経済的にも簡単に受講できるものではありませんし、どの通信講座が自分に合っているのかをもう少し見定めたいと思っています。

この記事を読まれて、テックアカデミーが気になる方は是非公式ページもご覧になってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

テックアカデミーの公式ページはコチラ
⇒ テックアカデミーのWordPressコースの公式ページはここをクリック