このブログの管理人 かとうたかし(加藤貴資) です。

もともと大学を卒業して最初に就職したのは、製造業でした。

製品管理と新商品開発の部署に所属しておりました。

普段の業務に取り組みながら、なんとなくこの仕事を一生続けていくことに不安を覚え、将来食べていける資格を何か取りたいと漠然と思っていました。

そこで、挑戦しようとしたのが弁理士資格です。

あまり聞きなれないと思いますが、特許をはじめとした知的財産に関するスペシャリストで十分に独立して食べていける資格です。

ただ、合格率が当時3%ぐらいで超難問で、本業をしながら合格することは残念ながらできませんでした。

その後、縁あって旅行代理店をグループに持つ某ホテルグループの本部、営業所に20年以上にわたって在籍しておりました。

実は、ホテルの営業所の場合には、特に旅行業務取扱管理者を取得しておく必要はありません。

ただ、取引は旅行業者が中心で、旅行業法の変化にともなう実務の変化も知っておくべきと思い、資格取得することになったわけです。

まずは、現在の国内旅行業務取扱管理者(旧国内旅行取扱主任者)を受験し、何とか1回で合格しました。

※ クリックで拡大

その後、総合旅行業務取扱管理者(旧一般旅行業務取扱主任者)を取得して、こちらも運よく一回で合格しました。

※クリックで拡大

資格を取得した後に旅行部の方に配属になりを取得していることで手当も付いたので、取得しているメリットもありましたね。

また、人間関係が充実している人であれば、旅行会社を作ることも決して夢ではありません。

旅行業務取扱管理者の詳細 ⇒ 【知らなきゃ損する】旅行業務取扱管理者とは?就職や転職に有利?

また、20年以上観光業界におりましたが、もともと資格試験への興味とサラリーマンに自分は向いていないという意識が強く、先ほどの第二種情報処理技術者試験(当時)、行政書士などの勉強をしている時期もありました。

これからの時代は独立することができる資格を取得しておくことが重要になってくると思っています。

もしくは、特定のスキルを身に付けて在宅ワークで所得を得る生き方もありかと思っています。

もう、終身雇用という言葉はなくなり、一生を通じて一つの仕事しかしないという時代ではありませんね。

たとえ会社を首になっても、自分で生きていくための資格を取っておくことは決して無駄にはならず、自らを救ってくれる武器になると思います。

また、生計を立てるための資格は武器になりますが、資格を取ること、そしてそのために覚えるさまざまな事は人生を豊かにすることにも多いに役立ちますね。

私自身も残りの人生を資格を取得したり、食べていけるスキルを身に付けることをライフ・ワークとして過ごしていきたいと思っています。

さらに、資格や覚えたスキルで収入をアップすることが出来ると一石二鳥ですよね。

このブログでは、自分が体験した資格をはじめとして、これから取得しておくと役に立つ資格・スキルなどをいろいろと紹介していきたいと思います。

ちなみに、現在は身近なお金の専門家であるファイナンシャルプランナーの資格取得を目指していますよ。

ファイナンシャルプランナーの詳細 ⇒ 【知らなきゃ損する】ファイナンシャルプランナーとは?転職や就職に有利?

この資格を取得出来た後には、Web系のスキルも覚えて、将来のためにフリーランスとしてのスキルも身に付けていければと思っています。

背伸びしすぎずに、楽しみながら実践していきたいと思います。