フォーサイトの行政書士の口コミは?徹底的に効率の良いカリキュラムが人気!

フォーサイトは通信講座の中ではそれほど知名度が高いわけでもなく、講座数も少ないですが、合格率が高く私も気になっていた通信講座なんです。

ユーキャンなどでは現在ざっと155講座を取り扱っていますが、フォーサイトが取り扱っている資格はわずか18講座しかありません。

そして、全講座中4講座のみが全額返金保証制度対象になっており、その中の一つが今回紹介する行政書士になります。

行政書士資格に限らずですが、フォーサイトの各講座での合格率は、全国平均を上回るものがほとんどです。

2020年度の行政書士の合格率は、全国平均の10.7%に対して、41.3%と3.86倍!

私自身も、行政書士資格を取得しようと考え始めた当初から、多くの通信講座の中でフォーサイトは有力候補になっており、最終的に受講することに決めました。

これまでの資格取得は、旅行業務取扱管理者、ファイナンシャルプランナーいずれも独学での取得です。

ただ、行政書士に関しては、合格率も10%前後とかなり難易度も高いこと、そして、私自身が法律に関してまったくの初学者ということもあり、独学での学習は初めから頭にありませんでした。

もちろん、その分費用もかかりますので、受講するかどうかは個人の環境によるとは思いますが、この記事では、受講を始めた私の体験と受講生の口コミなどを紹介していきたいと思います。

行政書士に興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。

合格率も高く口コミでも人気のフォーサイトで資格を取得したい人は本講座をどうぞ
詳細 ⇒ フォーサイトの行政書士講座の公式サイト

まずは講座の詳細を知りたい人は資料請求をどうぞ
詳細 ⇒ フォーサイトの行政書士講座の無料請求はこちらをどうぞ

受講生の口コミはどう?

行政書士 フォーサイト 口コミ

その講座の良い点や悪い点は、実際に受講した人の声を聞くのが一番ですね。

フォーサイトの行政書士講座の受講生の声をまとめてみました。

良い口コミ

良い口コミ:資料請求の内容がわかりやすかった

ずっと独学で勉強していたのですが、5年間で3回受験して、合格することができませんでした。
今年は絶対に受かりたかったので、独学はやめて、通信講座を使ってみることにしたのです。
フォーサイトはインターネットで行政書士の通信講座を調べているときに見つけて、資料請求しました。
届いた教材のサンプルが、比較した他社のものと比べてもわかりやすい内容だったので、受講を決めました。

無料の資料請求に関しては、私も取り寄せましたが、かなり充実しています
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://shikakutimes.jp/gyousei/404

良い口コミ:イラストや色がついているのが良かった

テキストはフルカラーだったので、スクリーンショットのような形で、見たものを一度頭に入れてから細かいところを覚えるというスタイルでした。
その点、イラストや色がついているのはとても助かりました。

私もFPのテキストを探した時、フルカラーを探しました。頭に焼き付けるのにはフルカラーは必須ですね。
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://shikakutimes.jp/gyousei/404

良い口コミ:テキストがコンパクトで断念しなくて済んだ

テキストがコンパクトにまとまっていたので、飽き性の自分でも最初から最後まで、途中で断念することなく取り組むことができました。
インプットを最低限にして過去問の演習などのアウトプットを増やすフォーサイトのスタイルは合っていました。

まだ、憲法と民法のみですが、かなり絞り込んでコンパクトな印象です。
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://gyousei-fight.com/forsight-gyousei-kuchikomi/#i-9

良い口コミ:講義動画がわかりやすい

講義動画は、肩ひじ張らず、こちらも力を抜いて視聴でき、非常にわかりやすくて、画面でテキストが出てきてそこに書き込みされたり、非常に分かりやすい表現をして頂いて、親しみやすいお人柄だったのも良かったかなと思います。

テキストに沿って講義動画をみるだけでも、理解度がだいぶ変わります。
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://gyousei-fight.com/forsight-gyousei-kuchikomi/#i-9

良い口コミ:安い教材を探していて見つけそのまま即決

行政書士の勉強を始めた当初は独学するつもりで、2ヶ月ほどは実際に独学で勉強していました。
勉強法を解説したサイトで勧められている入門書を読んだりしていました。
でも、独学では試験の重点とかが分からなかったので、やはり通信講座も考えてみようかなと思って調べたところ、フォーサイトを知りました。
もともと独学をしようとしていたくらいなので、安い教材をと考えていました。
フォーサイトのサイトを見つけたときに、意外と安いんだなと思って、そのまま即決して申込みました。

実際に私も調べたところ、他の通信講座と比較するとかなり安く申込の大きな動機となりました。
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://shikakutimes.jp/gyousei/404

悪い口コミ

悪い口コミ:テキストが薄い

フォーサイトのテキストは「出題される箇所だけに絞る」と聞いてはいたのだが、それにしても薄いので、少し心配になった。

私にとっては、まず全体像を早くしたかったので、この薄さは良かったと思いました。
加藤 貴資
加藤 貴資

引用元:https://gyousei-fight.com/forsight-gyousei-kuchikomi/#i-9

悪い口コミ:フォーサイトは止めた方がいい

お金と時間を無駄にします。CDは問題を全部読まないのでテキストを見ながら聞かないとチンプンカンです。
教材の全問ではなく、分野から数問、他は講師の与太話です。
DVDも講師が教材テキスト読んでる映像とそのテキスト部分を映しているだけです。(抜粋)

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13181601673?__ysp=44OV44Kp44O844K144Kk44OIIOihjOaUv%2BabuOWjqw%3D%3D

かなり辛口ですね。私はDVDコースではありませんが、講義動画はある程度講師の考えも感じられましたが。
加藤 貴資
加藤 貴資

良い口コミと悪い口コミの落差が激しい感じがしました。

ネット上での情報で実際にフォーサイトの講座を聞かずに良い評判だけを書いている口コミも見受けましたが、反面最後の悪い口コミは本当に講座を受けたのか疑問を感じますね。

そこまで、酷評するような内容ではないように感じました。

もちろん、私が初学者でまだ始めたばかりということもあり、ある程度学習した人からみると基礎的なことばかりなのかもしれませんが、どこまで通信講座に求めるかによると感じました。

私自身は基本的なことを身につけけることができれば十分と思っているので、あとはある程度学習した時点で自分の実力を自覚しながら方向修正していこうかと思っています。

行政書士のおススメのポイントは?

行政書士 フォーサイト ポイント

フォーサイトの行政書士のおススメのポイントを紹介しますね。

記憶を定着しやすいフルカラーテキスト

今回行政書士試験に関して、すでにフォーサイトに申し込みをして、実践中です。

2022年の受験のコース(2022年バリューコース2)での申し込みのため、まだすべての教材が届いてはいませんが、届いているテキストを見る限りでは、フルカラーで非常に見やすいです。

人間の脳は白黒の文字だけを見るよりも、フルカラーで掲載されている方が記憶に残ると言われている意味がよくわかります。

そして、市販のテキストなどと比較すると、ボリュームが少なく作られています

これは、意図的なもので、試験に出る重要なポイントのみを凝縮しているからと講義動画の中でも繰り返し述べられています。

実は、フォーサイトの悪い口コミの中にテキストがペラペラでボリュームが足りないと書かれているものがありますが、そういった理由からではないかと思います。

もちろん、すでにある程度の知識がある方や法律の勉強をされている方にとっては、物足りないと言われても仕方がないかもしれませんが、私のように法律初学者にとってはありがたいですね。

最初から、あまりに分厚いテキストの場合、心が折れる可能性も高いですから。

もし、フォーサイトのテキストがどんな感じなのかを見たいのであれば、無料の資料請求をすることをお勧めします。

講座を受講する前にテキストを実際に見ることが出来るので、その内容が自分に向いているかの判断もしやすくなると思います。

他社の通信講座の場合、それほど詳細な内容がわからないため、実際に手元に教材が届くまでわからないというリスクがありますが、フォーサイトではそんな心配はありません。

マンツーマンでの講義動画が秀逸

通信講座の中には、大学などの講義のように多人数を相手の行われた講義を撮影したものを使用しているケースもあるようです。

その点、フォーサイトでは専用スタジオで専任講師がマンツーマンで語りかけているような形式をとっているので、講義に集中することができます。

現在は自宅のパソコンで24インチの比較的大きなサイズの画面で講義動画を見ていますが、撮影機器も最先端のハイビジョンカメラ3台を駆使してプロによる撮影が行われているので、画質、音声ともにハイレベルなんです。

それと、一つの動画が3分~15分くらいと比較的短く作られているので、隙間時間にちょっと視聴するのにも適していますね。

30分以上となるとしっかりと時間を取る必要がありますが、そのあたりも時間のない人に合わせて構成されています。

もちろん、ある程度の時間まで連続して再生することも可能なので安心してください。

この講義動画も無料の資料請求で事前に見ることができるので、気になる人はぜひ試してみてください。

やる気を持続させるサポート体制

通信講座では、独学と比べるとモチベーションを維持しやすいですが、それでも通学講座と比較すると気持ちを維持するのは難しいです。

モチベーションの維持は合格への大きなカギになります。

フォーサイトには以下のようなサポート体制が確立されているので、やる気の維持に役立ちます。

個別での質問受付と回答

質問はメールでしかできませんが、24時間いつでも受付可能なので、疑問に思った時にすぐ問合せできます。

質問には、専任講師又はスタッフが迅速・丁寧に回答してくれますので、悩みを引きずったまま勉強を続けるというリスクを回避きます。

独学の場合には、わからないまま悶々とすることが多いですが、そんな心配はありません。

もちろんテキストなどの疑問点だけでなく、通信講座のデメリットでもある勉強方法の悩みなどにも講師のアドバイスを受けることができます。

※ メールの質問回数には制限があるので、公式ページを確認してください。

講師によるブログが人気

フォーサイトでは、担当講師がブログを掲載しているので、より講師を身近に感じることができます。

行政書士講座の専任講師は福澤先生ですが、実際に行政書士として20年以上実務もされているので、その内容には説得力があります。

実務経験と専任講師という長年の経験から受講生がなかなか理解できないポイントなども熟知しており、その対策なども書かれているので、ものすごく参考になりますよ。

励ましメール

私の場合、2022年の受験ということでかなりの長丁場になります。

どうしてもモチベーションが続かなかったり、弱気になったりするかもしれません。

そんな時の励ましメールは心強いですね。

これは、独学ではあり得ない大きなフォーサイトの通信講座のメリットだと思いました。

フォーサイトの次世代eラーニング「manabun」

フォーサイトには特許取得のオリジナルeラーニングシステム「道場破り」から進化した「manabun」を活用することができます。

「manabun」には、講義、テキスト、確認テスト、単語カードなどの学習のフォローに加えて、学習プラン作成など学習計画のサポートとなる情報がたくさん含まれています。

パソコン、スマホ、タブレットなど、手持ちのデバイスからテキストの確認や講義などの受講、問題演習もできるのが最大の特徴です。

「manabun」をもっと知りたい場合には、公式ページ内で無料で14日間使うことが出来るので試して見てください。

無料資料が充実

すでに記事にしています他の講座でもそうですが、フォーサイトは他の通信講座の無料資料請求の中味と大きく違うと感じています。

他社の多くは、総合パンフレットや合格体験記、申込書などが付いている程度です。

その点、フォーサイトでは、フルカラーテキストの見本(20ページ程度)を見ることができますし、付属のDVDで講義動画を事前に見ることができます

有料にしてもいいのではというレベルなので、受講するかどうかはとにかく講座の内容が手に取るようによくわかるので無料資料を頼んでみることをおススメします。

こんな受験生におススメなの?

行政書士 フォーサイト 口コミ

では、フォーサイトの行政書士にはどんな受験生が向いているのでしょうか?

フォーサイトの行政書士講座のもっとも大きな特長はその合格率の高さです。

それは多くの口コミにあるように見やすいフルカラーテキスト、講座動画の水準の高さ、学習サポートなどその高い合格率を裏付けているものがあります。

もちろんまったくデメリットがないわけではありません。

まだ、受講途中なので、しかも法律初学者ということで、私自身は実感できませんが、高い得点を狙うにはその内容が不十分という点という指摘があります。

その点については、今後学習していく中で、実感できるものが出てきた際に加筆したいと思います。

さて、肝心のフォーサイトの行政書士講座におススメな人をまとめてみたいと思います。

フォーサイトの行政書士講座おすすめの人

・合格率の高い講座を選びたい人
・まるで対面で通学講座で受講するように通信講座を受けたい人
・とにかくまずは法律に慣れ親しん学習に取り組みたい人
・空いた時間、隙間時間を使って学習したい人

あなたが期待する学習方法にマッチするでしょうか。

フォーサイトの行政書士講座のまとめ

いかがでしたか?

この記事では、街の法律家と呼ばれる行政書士試験の通信講座フォーサイトについて紹介しました。

法律を勉強している人にとっては、通学講座を実施している伊藤塾などがまっ先に浮かぶかもしれません。

私自身はこれまでまったく法律とかかわったことがないということもあって、口コミで法律初学者にもわかるように内容を絞り込んで短期合格を狙えると言われるフォーサイトを選びました。

すでに、学習を始めて2か月になりますが、今のところその判断に大きな過ちはなかったのではないかと思っています。

ただ、短期合格を目指す講座ではありますが、私自身はあまりその部分には重点を置いていません。

それよりも、まずは法律の基礎を覚える、全体像を理解することをメインに考えています。

もしも、ある程度学習が進んだ時に物足りなさを感じるようであれば、市販のテキストや問題集にも取り組むかもしれませんが、現状はこのまま続けてみたいと思います。

来年の受験なので、結果報告はまだまだ先になりますが、学習途中で感じた点等があれば加筆していきますのぜひご覧ください。

行政書士資格は起業できる資格でもあります。

また、司法書士などへのステップアップとして、取り組む方もおられると思いますが、良い報告ができるようにがんばりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうござました。

合格率も高く口コミでも人気のフォーサイトで資格を取得したい人は本講座をどうぞ
詳細 ⇒ フォーサイトの行政書士講座の公式サイト

まずは講座の詳細を知りたい人は資料請求をどうぞ
詳細 ⇒ フォーサイトの行政書士講座の無料請求はこちらをどうぞ