役立つ資格!加藤たかしのオススメ

人生100時代。一つの会社に就職して定年退職し余生を過ごす人生設計はすでに成り立たなくなっています。 生き抜くためには武器が必要。 そこで、役立つのが資格やスキルです。資格の学習を生涯のライフワークにしたい私がオススメする役立つ資格やスキルを紹介していきます。

漢字検定は進学や就職に役に立つ?それとも趣味としてがいい?

年間57万人も受検する漢字検定は進学や就職に役に立つのでしょうか?高校受験や大学受験の際に、受験校が漢字検定をその評価の一つに活用しているところも多くあり、進学に役立つ検定であることは間違いありません。大学生の就職に関してはそれほど強く有利にはなりませんが、一部の企業では評価しているところもありますよ。

ユーキャン・JTEXの漢字検定講座を比較!どっちを選ぶ?

漢字検定は小学生から大人まで幅広い層が受けることが出来る検定試験です。独学で行うことも可能ですが、一部の級では通信講座を受けることもできます。この記事では漢字検定講座を行っているユーキャンとJTEXの2つを比較検証してみました。

ユーキャンの漢字検定の口コミは?大学生なら何級を受ける?

漢字検定は小・中学生が受けるイメージがあるかもしれませんが、大学生が就職のための一つの教養のアピールとして取得しておくのもいいと思います。大学生が取得しておくなら、やはり2級を取っておきたいところですね。独学でも良いですが、通信講座のユーキャンを受けるとより短時間で楽しみながら取得できます。

旅行業法の旅行業と旅行サービス手配業の違いとは?試験に出る?

以前からランドオペレーターという旅行業者と運送・宿泊等の間に仲介する会社がありましたが、旅行者の安全が図れないとの懸念から、ランドオペレーターにも選任者を置くように旅行業法が変わりました。当然試験にも出題されるようになったため、その内容(旅行サービス手配業)について紹介します。

旅行業務取扱管理者に5年毎の研修が義務化された!永久資格じゃないの?

旅行会社で選任された旅行業務取扱管理者に5年毎に研修が義務付けられました。この件で、永久資格と思っていた旅行業務取扱管理者がその要件から外れたと勘違いされる可能性があります。旅行業務取扱管理者定期研修について、詳しく紹介しています。

旅行業務取扱管理者の取扱でさらに狭い範囲の資格とは何?スグに使える!

旅行業務取扱管理者試験には国内と総合がありましたが、平成30年度から地域限定の試験が追加されました。例を挙げると町おこしのために地域の観光を掘り起こそうとするプランなどに合わせた有資格者を増やすための資格試験です。試験も簡単になり起業するにしても割安でできますよ。

旅行の添乗員には資格は必要?役に立つ資格とは?

旅行の添乗員になるには資格がいるのでしょうか?ツアー(企画旅行)の添乗員になるためには、一定の条件と資格(研修)が必要になります。旅行が好きで人のお世話をするのが好きな人にとって添乗員は天職かもしれません。そんな添乗員になるための要件を解説します。

旅行業務取扱管理者の賢い使い道とは?起業する時の疑問点がスッキリ解決!

旅行業務取扱管理者資格は旅行会社を起業するときには必ず必要です。もちろん資格を持っているから必ず起業して成功するというわけではありませんが、せっかくの資格の賢い使い道をしっかり理解しておくとよいかと思います。この記事を読めば旅行会社を起業する時の疑問点がスッキリ解決しますよ。

旅行業務取扱管理者として起業するには?独立するメリットとは?

人生100年時代に会社を定年退職しても。60代前半であればまだまだ元気です。写真と旅行が趣味の60代男性がもし起業するなら旅行会社を設立するという手があります。どのような手順で起業するのが良いかをわかりやすく解説しました。